派遣、就職、転職、家庭など人それぞれ、色々な悩みや問題を少しでも解決に向けて応援するブログです。

派遣の悩みベスト10の解決は?【仕事・適職を見つける】

派遣の仕事で困る・悩む「派遣の悩みベスト10」の中で、
仕事を探してもなかなか見つからない時、どうするのかです。

 

同様に、年齢が30歳代〜50歳代を超えていても
これまでの自分の仕事の長所・欠点をたな卸しして

 

自分を出せそうな活かせる長所を見つけ

 

特技・技能を活かせる大手の派遣会社から登録して、
地元の派遣会社にも登録します。

 

できれば、将来、社員になれる可能性のある会社も
選択枝の1つして考え、相談します。

 

また、どうしても派遣でなければならない場合は、
それこそ、給与を落として勤めることも。

 

生活ぎりぎりの給与で、派遣の仕事を選ぶならば
地元のハローワークに相談していく方がいいと思います。

 

一時的には、急場を凌ぐ感だけで
これから、生活していくには、
低い給料をもらっていては、生活が安定しません。

 

かといって、どこかで妥協したり、
好ましくない条件で仕事をすることにもなるかもしれませんが

 

それは一時的な仕事にしておいて
今後の生活が成り立つように、
ハローワークも含めて公的機関に相談に行くことをお勧めします。

 

常に、自分や家族の生活や夫婦生活が成り立つことが最優先です。

 

体を無理したり、酷使して仕事をし続けることも、
経済的と健康的にも長続きしません。

 

必ず、どこかで破綻が来ますので、
体と健康、食事のバランスを考えて生活できる仕事を選ぶことです。

 

独身の場合も、いつまでも独身と考えずに
将来のことを考えて仕事を選ぶ、

 

自分のためにも、将来の家族のためにもですよ。
安易な生活、安易な仕事はご法度です。

 

ただ、派遣会社の仕事で生活が成り立つ場合や
どうしても派遣会社の仕事でいこうとする場合は別ですね。

 

派遣会社の場合は、足きりや、契約満了で更新が途切れることも
ごくごく一般的なので、

 

このあたりが派遣会社で仕事をする上で、最大の欠点になります。
この契約更新が途切れることを覚悟して仕事をしなければなりません。

 

給与面やボーナス面でも不利な条件が多いことも事実です。

 

つまり、将来のことを考えて仕事をすることが大切です。

 

それで、いくら探しても仕事が見つからない時どうするか?

 

以前に前出でお話したように、落ち込むことがあるかもしれませんが
落ち込まずに、頑張れと言うと酷かもしれませんが、

 

常に落ち込まないことが、もっとも大切なことになります。
ある意味、こんなもんと流す程度で構いません。

 

仕事が無い期間が、たとえ長引いてもですよ。
その場合は、サバイバル戦になるので、

 

スポット的な仕事もしなければならないでしょうが
あくまでも生活を支える仕事として。

 

状況に応じて仕事を探したり、仕事を選ぶことにもなります。

 

前職で、1年以上勤めていたら、失業保険の給付金や
技能訓練で、手に職をつける技能講習に参加して
自分の技能を高めて、次の仕事を見つけることもいいと思います。

 

出来ることを、自分なりに工夫して、将来に備えることが肝要です。

 

地道にやっていれば、必ずいつかいいことにめぐり合えると思います。
安易な方向に行かず、自棄にならずに、がんばっていきましょう。

 

仕事に困っていても

 

自分を高めたり、自分を大切にする、そして家族を思うことも忘れず
もう一度真剣に自分や自分の仕事を見直してみることしませんか。