歯のケアは歯周病対策、口臭対策にも・・・

歯のケアは歯周病対策、口臭対策にも・・・

スキンケアと頭皮ケアでしてはならないこと」の続編で、
ついてですね。

 

結構大事なこと、本当に、超重要事項、「歯について
え〜!、なんだ歯のことか、

 

ではない!

 

なぜ歯か。これまで、歯医者さんに歯の治療行ったことのない人は
全然、この章パスしてOKです。

 

むしろ、すごいことです。
あっ、まだ10代であれば有り得ます。

 

う〜ん、20代でもあるかもしれませんね。

 

ただ、30代、40代で、
歯の問題は全く無しであれば、これはすごいことです。

 

生まれつき、歯が頑丈であるか、
それとも、歯の手入れがよほどいいかです。
歯は完璧ですね。

 

でも、歯医者に行っていないだけであれば、
それは無しです。

 

もし、そうなら、歯は、相当ヤバイかもしれません。
虫歯が相当進行していて、歯周病が慢性化だったら、
即、集中治療室行きです。

 

それは、冗談としても、長期の歯の治療が必要になるかもしれません。

 

かなり進行していたら、歯に対して、かなり甘い考えです。(キッパリ)

 

それは、なぜか。

 

歯に対する自覚症状がなければ
歯と歯茎の間に歯周ポケットと言って、
ちょとした隙間があるのですね、

 

そこに、菌が、うじゃうじゃいて、歯のばい菌、プラークから
やがて菌が固まった歯石になって、

 

歯を溶かしていくのですね。
溶けた付け根付近の歯は戻らない上に

 

細くなっているから、土台が不安定になり
ぐらぐらな歯になってしまうのです。

 

しかも、その歯周の進行は全く自覚症状がないことが多いので、
やっかいなことに

 

歯の治療をした時に、わかることもあるのです。

 

これまた、なぜかというと、
歯の治療が終わるとしますよね、

 

大抵は、歯の治療を始める際には
歯の掃除から始めます。

 

キレイな歯に掃除するのですが
歯の歯石も取って、かなり硬いので、

 

削って取っていきます。

 

歯と歯茎の間の歯石をとるのです。

 

これを取ってもらわないと・・・
この歯石がヤバイのです。

 

そのまま放置プレーしていると
レッドカードで、即退場にならない、ならない。

 

知らないうちに歯のばい菌であるプラークや歯石があちこちこり固まっていくと
歯が溶け出しているのですね。

 

治療が終わった後、
鏡で、あ〜ん、と自分の歯を見ると

 

歯の付け根に、隙間が見えてくるのです。
歯が溶けたので、隙間が見えるのですね。

 

年配の人であれば、よく、歯の根元がスキスキなの見たこと無いですか?
なんか、ガイコツの歯のような感じの歯。

 

あれが積もりに積もるとまずいのですね。

 

それで、何を言いたいのかと言うと、
歯の治療は、年間を通して少なくとも2回程度は行くといいかもしれません。

 

 

理由は、歯磨きしていても、どんなにキレイに歯を磨いても
歯石は残っていることが多いのですね。

 

じゃー、どうするか、
歯の対策は、自分でできることは、2点

 

適切な歯磨きと、あっ、この歯磨きもコツがあります。
歯のブラッシングです、本来は歯ではなくて歯茎に。

 

ただ磨くだけではダメで、歯ブラシを歯茎に約45度程度当てて、
軽くブラッシングする、つまり歯茎に刺激を与えることです。

 

最初、少し血が出ると思いますが、
血がうっ血していて、汚い血を出している感じなのです。

 

やがて、数日で血はでなくなります。
これも、歯をゴシゴシ磨くと、完璧に逆効果です。

 

それと、歯間ブラシ、これも。
歯間ブラシは、歯と歯の間には取れない汚れがあるので

 

軽くかき出すイメージですね。
案外、歯にはいいのですね。

 

ただし、爪楊枝で取ることは厳禁ですよ。

 

以上の2点も、とても大切なことなのです。

 

歯医者さんに、ずっと行っていない人は、行かれてもいいかもしれません。

 

ちなみに、自分は、年に何回かは行っています。

 

歯のケアは、後々効いてきます。
歯がきれいになるだけでなく、糖尿病口臭対策にも。