スキンケアと頭皮ケアでしてはならないこと。

スキンケアと頭皮ケアでしてはならないこと。

スキンケアでは、よくお試しセットというのがあります。
一度は試されたことがあるかもしれませんね。

 

面白いのは、スキンケアでは、
フェイス洗顔、つまり洗顔する場合

 

よく泡立てて、
その泡の力で顔の汚れなどを取っていくものですが、

 

泡を少々使ってではなく、
泡がたっぷり出来るので、
その泡に汚れを包み込ませるのと

 

顔などの皮膚を刺激して痛めないが
最大のポイントなのですね。

 

スキンケアの大切なことは
洗顔で皮膚を刺激しないことがいいので

 

洗顔後のタオルも、何年も使っていたり
洗濯を何百回も繰り返すとゴアゴアになるので

 

もろにザラザラ感のある洗顔用タオルや
ゴアゴアしているお手拭きタオルであれば

 

やはり肌を痛めてしまうのですね。
敏感肌であれば、なおさらです。

 

肌を痛める意味と、エステのマッサージの刺激とは別物です。

 

では、頭皮はどうかというと

 

よく、子供でも癖で、手ぐしの代わりに
しょつちゅう、手で髪をブラシ代わりに

 

梳いたり、髪をすかしたりしている子や人もいますが

 

手油なら、まだしも、頭皮の付け根を刺激して
頭皮が赤くなってくると、大人になって

 

抜け毛につながってきます。

 

頭皮は白っぽいとか、青白っぽいのが健康な頭皮の証なのですね。
赤い頭皮は注意信号が出ています。

 

知人でも、よく間があれば手櫛でやっていた結果
何年もかけて抜け毛になり、禿につながった人もいます。

 

頭皮や毛根、皮膚はできるだけ、
刺激を与えないことが大切になるのですね。

 

だから、スキンケア、頭皮ケアが大切になります。
他には紫外線などもありますね。

 

なかなか忙しいと、かまけてしまいますが
忙しい場合は、どこかでスキンケア、
頭皮のケアをしてあげればいいと思います。

 

最小限にできること、それは、ゴシゴシと拭かない
ゴシゴシと洗わないことです。

 

そっと、優しく、肌も扱ってあげることですね。
ここでも、優しく扱ってあげることが大切になってきますね。

 

これって、何でも使えるとは思いませんか。
お金でも、そうだったですよね。^^

 

もちろん、物だけではなく、人に対してもですよ。
子供さん、お母さん、お父さん、恋人、妻、夫のパートーナ。

 

あっ、幼児や赤ちゃんもそうですね。
結構、応用範囲は広いでしょう?

 

 

それでは、反対に刺激してあげていいところって
ご存知でしょうか?

 

と、言うか、マスト刺激です。(must=〜しなければならないことですね)

 

反対に、適度の刺激をしてあげないとダメなところなのですね。
クイズみたいになりましたが、

 

刺激をしないと、どうなるかは、○○○○になってしまうことになります。

 

 

答えは、歯で、刺激してあげないとボロボロになってしまって大変なことに。
ただ、刺激するにも注意することがあるのです。

 

これは、長くなりそうなので、改めてにしますね。