派遣で仕事するメリット・ディメリット。

派遣で仕事するメリット・ディメリット

派遣にしても、アルバイトにしても
仕事をするスタイル上や
スポット的な仕事の側面では、同じ感じなのですが

 

 

大きな違いとしては、仕事の内容と、
賃金時給にまず違いがあります。

 

 

責任感はどちらもつきますね。
実績をつくる面では、派遣の業種や職種によっては
ちょっとニュアンスが異なります。

 

 

ただ、その前に、派遣の仕事をするにも、
とても大事なことがあるのですが、

 

 

なんだか分かりますか?

 

 

それは、非正規労働者の文字通り、
契約期間によって、派遣が成り立っているのですね。

 

 

正規社員ではないことです。

 

 

そのため、契約期間が終了すると、
更新の有無が会社の経営状況や
経済情勢によって左右されることです。

 

 

正社員であれば、長期雇用、終身雇用は崩れてはいますが
派遣社員より仕事を出来る期間の保証があることです。

 

 

これは、あくまでも一般的な話になります。
正社員でも、リストラがあったり、
実績が伴わなければ、会社を離れる可能性も出てくるかもしれませんね。

 

 

一概に優劣は付けれませんが、
派遣の仕事につく場合は、雇用が全く保証されないことを
念頭に置いて、

 

 

と言うか、覚悟して派遣の仕事をすることになります。
ここがとても大事ですね。

 

 

契約後の継続や仕事が無ければ
突然、フリーターやアルバイト、
または、無職になるわけですから。

 

 

仕事の立場が不安定なわけですね。

 

 

理由がなければ正社員か、
派遣でも正社員の登用がある会社に就く方がいいかと思います。

 

 

金銭面を含めた条件面での有利さは、派遣ではなく、正社員ですね。
私自身も、派遣の経験上から、そう言えるのですね。

 

 

時給、700円のアルバイトや、
時給、1500円以上の派遣を何年も経験しても
なお、そう思います。

 

 

人それぞれの考え方があるので、
派遣で仕事をするなら

 

 

仕事に責任持って、こなしていけばいいので。
ある意味、正社員より制約が少ない分、気楽と言えるかもしれません。

 

 

少し長くなったので
派遣について、改めて、またの機会に追記してみますね。