お金は施しの結果、得たり失ったり。

お金は施しの結果、得たり失ったり。

お金を得ることや、持っているのは、
施した時間や結果の対価になるでしょうか?

 

 

自然とやってくる代償にもなる、
その自然性が大切でもありますね。

 

 

その反対に、
あまり施しの大きさや期間が少ないと
どうでしょうか?

 

 

そんなには、お金が溜まらなかったり、
お金がすぐに出て行ったりしませんか?

 

 

「施し」は、とても身近なものでは、
お手伝い、アルバイト派遣
会社勤めの結果、

 

 

いただける対価になって帰ってきます。

 

 

お金は、社会に対しての施しの時間や期間
その施しの大きさによって
得られる対価になってくるのでしょうか。

 

 

例えば、お店の中でのお手伝いやアルバイトは
そのお店に、いらっしゃるお客さまに対して

 

 

また、お店やスタッフに対して
施していますよね。

 

 

それに対して、お店や会社は
時給700円、800円、900円と

 

 

その人の持っている経験なり技術
サービスの内容に対して

 

 

給料といったカタチで、お金を渡すことになります。

 

 

では、会社勤めの場合は、
その人が勤めた会社や社会に対して

 

 

大きな貢献をしたり、結果を残して実績をつくる
そうした度合いに応じて

 

 

会社が支払う対価、
ある意味では施した大きさに対して
給料を支払ったり、もらえるのですね。

 

 

反対に、その施しの真逆の場合は
お金を得られなかったり、
少なかったり、

 

 

お金を失ったりするのではないでしょうか?

 

 

お金の施しの次には、お金を育てるがあると思いますが、
お金の使い方によっては

 

 

お金が寄ったり、出て行ったりしますね。

 

 

お金を大切にしてあげて、
出入りを間違い無いようにしなければなりません。

 

 

お金の使い方にもなりますが
施したお金を育てることも大事になります。

 

 

お金が手元に入る、借金はどうでしょうか
無謀な借金や、投資、娯楽

 

 

お金が入りそうだからとか、
将来、お金が入る可能性があるという
楽観的可能性や、都合のよい思い込みとか

 

 

また、知人から借りれそうだからとかなど
楽観的予想での借金は決してしてはいけません。

 

 

必ず、何らかの施しをしてお金を手元に残し
そのお金を呼び寄せることをしていかないと

 

 

いつまでたっても、お金に左右されてしまう
方向性をたどる可能性にもつながります。

 

 

最初は、地道に施していくことが大切になります。
お金があって、家族を守ることができるので。

 

 

結果を残すことが大切になります。

 

 

イチローは、10年結果を残して
世界のファンを魅了しています。

 

 

世界中の子供から大人の多くのファンに対して
勇気を与えたり、伝えたり、楽しませてくれる
毎日とても大きな、施しをしているのですね。

 

 

その裏では、
目に見えない努力をしている結果ではないでしょうか。