就職活動・転職の中で大切なこと。

就職活動・転職の中で大切なこと。

就職活動・転職の中で大切なことは

 

 

希望する会社なり、職種、仕事に就ければ
それは、最高ですが、

 

 

就活している人、全部が、
希望通りの道に進めるものではありませんよね。

 

 

どこかで、妥協して入る場合もあるでしょうし、
いえいえ、妥協しないで、先を探し続ける人もいるでしょう。

 

 

就職活動は、人それぞれなのですが
現在、就活や転職に苦戦していたり、
時間がかかって、うまくいっていないなら

 

 

どうしたら、いいでしょうか。

 

 

冒頭の、「就職活動・転職の中で大切なこと」を下記に書いてみますね。

 

 

その中でも、最も大事なこと、それは、採用に至らなくても、
一時は、落ち込むこともあるかもしれませんが

 

 

それは、一切気にすることなく、
再度、下記の点も考えながら、前に進んでいけば十分だと思います。

 

 

くよくよ、長く悩む必要はゼロです。
もう一度、言いますね、
落ちたからといって、引きずって悩む必要は、全く無いです。(きっぱり)

 

 

会社の見る目が無かったくらいに、考えていいです。
ただし、会社が悪い、環境が悪いと考えては絶対ダメです。

 

 

マイナス要素を引き込んではダメですよ。

 

 

あと、下記の点も考慮に入れてです。
戦術を練ります。

 

 

何度、ダメでもいいとは言いませんが、
ある意味、何度ダメでも、一切気にする必要は、
さらさらないです。絶対に。

 

 

また、何度でも立ち上がればいいだけですから。
ちょっと、前置き長くなりましたね。

 

 

1.これまでの、就職活動を振り返り、再度チェックしてみます。

 

会社の規模、職種、仕事の内容、
こだわり、履歴書の書き方、面接について
言動、面接時の言葉のメリハリと面接内容・受け答え、
就活・行動スケジュールについて

 

 

2.正直に、ストレートにぶっかっていくスタイルで。
生気を持って、就職、面接に望んできます。

 

 

3.履歴書の書類選考で落ちた場合も、
履歴書の再チエックをした後

 

 

会社に縁が無かったくらいに、
考えていいので。次を探していけばいいですね。

 

 

4.ハローワークに相談しにいくことも選択肢のひとつ。
親身に相談に乗ってもらえることもあるので。

 

 

5.就職情報誌、転職情報誌を活用はしていると思いますが
全てを、情報誌に頼るのではなく、

 

 

ネットからの就職情報、ネットからのハローワーク情報を
チェックして同時並行しながら進めていきます。

 

 

6.知り合い、親戚など、知人・友人からの就職情報があれば
問い合わせてみることも。

 

 

7.たとえ、何社ダメでも、そこで、悲観して、
前に進むことを止めてしまわないこと。これが大事。
跳ね返すバネを持つことです。

 

 

パワトレして、体をトレーニングで鍛えておくことも忘れずに。
体づくりも生気の一つを養うので。

 

 

また、必要なことを随時追加していきますね。